インプラント

インプラントとは?

インプラントとは、歯が抜けてしまったところにチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは顎の骨と結合してしっかりと固定されるため、天然歯と同じような噛み心地が得られます。入れ歯のような違和感はなく、ブリッジのように周囲の健康な歯に負担をかけることもありません。人工歯は患者さまに合わせてハンドメイドで1歯ずつ作りますので、外観も違和感がありません。当院では、日本メディカルマテリアル(JMM)のPOI(ピー・オー・アイ)インプラントを使用しています。

インプラントのメリット

インプラントの場合

  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • 咀嚼能力が高いので、気にせず硬いものなどの食事ができる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることが可能
  • 自然の歯に近い機能が期待でき、装着後の違和感や外れる心配がない
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができる

従来の治療(ブリッジ)の場合

  • 土台となる両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 土台となる両隣の歯に噛む力が余計にかかるため、負担となってしまうので、その歯を喪失する可能性が高い
  • インプラントに比べて長持ちしない
  • 自然の歯に近い機能が期待でき、装着後の違和感や外れる心配がない
  • 土台となる両隣の歯に問題が発生すると、再治療が必要な場合がある

インプラント治療の流れ

口腔内診断
インプラント治療が失敗するほとんどの原因は、歯周病による感染です。そのため、インプラント治療を受ける場合には歯周病の検査と治療をしっかりとやってくれる歯科医院を選ぶことが重要です。当医院では、事前に歯周病・むし歯の治療をしっかり行ったうえ、万全の状態でインプラント治療を行います。
CT撮影・検査
CT撮影(断層撮影)はからだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来るようにする装置です。断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、位置などを正確に確認することが出来ます。
カウンセリング
診断結果をもとに、一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。
インプラント埋入手術
インプラントオペは麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。麻酔が切れた後に軽い痛みを感じることはあるのですが、痛みどめを服用するほどでもない場合がほとんどです。術後2、3日多少腫れることはありますが、次第におさまりますので、仕事や学校を休む必要はありません。
メンテナンス
インプラントは細菌感染や経時的な噛み合わせの変化によって、最悪の場合抜けてしまうことがありますので、埋入後は定期的なメンテナンスを行い、口腔内を清潔に保つことが、重要です。一般的には、3ヶ月に1回程度の間隔でメンテナンスを行います。メインテナンスはクリーニングと噛み合わせのチェックですので、痛みはありません。